還暦祝いは日本に古くから伝わる行事の一つです。「還暦」は文字通り、「暦が還る」ことを意味し、満60歳を迎えれば干支を一周したことになります。今では60歳を迎えてもまだまだ若い印象ですが、実は今と昔では日本で平均寿命は異なり、60歳を超えたのは1950年からでした。そのため、還暦を迎えること自体、滅多にない長寿を祝う行事だったのです。しかし医療技術が世界的に見ても高い日本では、今では平均年齢80歳を超えた高齢者の割合がどんどん増加しています。つまり、「長寿の祝い」から、「老後で第二の人生をスタートする」という意味合いの方が次第に強まってきているのです。
pixta_43155012_S
そんな変化もあってか、還暦祝いに選ばれるプレゼントも昔と今で変化が見られます。昔の定番といえば「赤いちゃんちゃんこ」ですが、これも最近では定番ではなくなっているようです。今は60歳を超えても若々しく元気な人が多いため、「赤いちゃんちゃんこ=年寄りが着るもの」というイメージがあり、不快に感じてしまう人が多い身体とか。そう考えると確かに相手に失礼かもしれません。ですので、赤いちゃんちゃんこに変わるプレゼントを用意するのがおすすめです。

今、特に人気のプレゼントが似顔絵です。絵柄は作家たちによって異なりますが、イキイキとした表情や色使いが、見る人を皆、笑顔にしてくれます。おすすめはこちらのWORLD1という似顔絵などの作品を手掛ける業者です。サンプルを見てもらうと分かるとおり、作家ごとに違った作風があるので、きっと好みのものが見つかるのではないでしょうか。

その他には、物をプレゼントするのではなくイベント事で祝うのもよいでしょう。例えば、家族でいつもより贅沢な食事をしたり、旅行に出かけたりすることも喜ばれます。物だけにこだわらず、還暦を迎える人の好みや思考に合わせて選ぶようにしましょう。もちろん、一番大切なのは「気持ち」になります。